投稿者「RM」のアーカイブ

弊社は「子育て応援宣言」しています。

育児・介護休業法、次世代育成支援対策推進法など子育てを支援する法律や制度の整備が進む一方で、働く女性の7割が未だに出産、育児を機に退職している現状があります。
育児休業などの規定はあっても実際に使われなければ意味がありません。
弊社は、身につけた職業経験を中断することなく、子育てをしながら働き続けることができる社会の実現を目指して従業員の仕事と子育てを応援するために以下を宣言しています。

○育児休業が取得しやすい環境づくりに取り組みます。
○円滑な職場復帰に向けたサポートを実施します。
○男性の育児参加を促進する環境づくりに取り組みます。
○出産・育児で一旦退職した社員を優先的に再雇用します。
○育児中の社員については、一定の条件の下で自宅勤務を認めます。

福岡県「子育て応援宣言」掲載ページ

https://k-sengen.pref.fukuoka.lg.jp/kigyo-pr?com=4661

日本語学校クラウド教務システム(Jimmi) よくあるご質問

Q1.クラウドシステムですか

Microsoft Azure を使用したクラウドシステムです。 PCにソフトウエアをインストールする必要はございません。

Q2.対応ブラウザについて

Internet Explorer (最新版)

Microsoft Edge (最新版)

Mozilla Firefox (最新版)

Google Chrome (最新版)

Mac Safari (最新版)

なおInternet Explorer 11は動作確認済みですが、動作速度の問題から推奨しておりません。

Q3.セキュリティは確保されていますか

SSL通信(HTTPS)によりPCとクラウドサービスとの通信は暗号化されています。

Q4.バグ等のトラブル発生時のサポートについて

Microsoft Azure が起因する問題以外のバグ等のトラブル発生時は、弊社がMicrosoft Azure内のプログラムの修正をいたします。

Q5.試用期間はありますか

現時点では試用期間のご用意はしておりません。

Skype(スカイプ)を使用しインターネットを介したオンラインデモを実施する事は可能です。

ご遠慮なくお申し付けください。

Q6.帳票をエクセルに保存できますか

システムで印刷するすべての帳票はエクセルファイルに保存できます。

また殆どの画面の内容をExcelファイルに出力が可能です。

応募者情報等、1名毎に入力するデータについては別途Excelファイルでの一覧形式出力機能がございます。

Q7.在留資格申請書の様式が変更された場合は有償対応ですか

無償で対応します。

Q8.製品のサポート体制について

メールによるサポートのみです。

マニュアルはお申し込み後にPDFファイルでお渡ししています。

電話サポートをご要望の場合は別途サポート費用が発生いたします。

(内容をご相談の上、別途お見積もりとなります。)

https://variantsoft.co.jp/campusmagic/jimmi.php

夏期休業のお知らせ

平成30年8月6日

お客様各位

バリアントソフト株式会社

拝啓 盛夏の候、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、弊社では下記期間を夏期休業日とさせていただいております。
休業期間中は、何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが何卒ご理解とご了承いただきますようお願い申し上げます。

敬具

【夏期休業期間】

平成30年8月13日(月)~平成29年8月15日(水)

※8月16日(木)からは通常どおり営業いたします。

日本語学校専用の教務システムについて 

本年4月に、満を持して日本語学校様向けのクラウド教務システムをリリースしました。早速多くのお客様からのお問い合わせが来ております。

こちらでよくあるご質問を時々アップロードさせていただきます。

Q1.クラウドシステムですか?

A1.Microsoft Azure を使用したクラウドシステムです。ですからPCにソフトウエアをインストールする必要はございません。

Q2.帳票をエクセルに保存できますか?

A2.システムで印刷するすべての帳票はエクセルファイルに保存できます。

Q3.在留資格申請書の様式が変更された場合は有償対応ですか?

A3.無償で対応します。

日本語学校専用 クラウド教務システム Jimmi

https://variantsoft.co.jp/campusmagic/jimmi.php

 

読みづらいプロパティの読み方

これはプログラミング言語の世界の読み方なので正解は無いのでしょうが、一般的にはこんな感じで読むのでしょうか。

background-gradient:バックグランド グラディエント

border-collapse:ボーダー コラップス

border-radius:ボーダー レイディアス

char : キャラ

column-count:カラム カウント

height:ハイト(ヘイトじゃないよ)

horizontal-align:ホリゾンタル アライン

inherit:インヘリット

margin:マージン

NULL:ナル(ヌルじゃないよ)

opacity:オパシティ

ping:ピン

position:relative:ポジション レラティブ

text-align:テキスト アライン

text-overflow:ellipsis:テキスト エリプシス

theme:シーム・テーマ

vertical-align:バーティカル

visibility:hidden:ビジビリティ ヒドゥン

width:ワイズ・ウィッズ

word-wrap:ワード ラップ

日本語学校様向け教務システムリリース

弊社は平成30年4月1日 日本語学校様向けのクラウドシステムとして教務システム「Jimmi」をリリースいたしました。

Jimmiは、日本語学校様向けに作成されたクラウドシステムです。

使用するインターフェースはIE、Chrome、Safari等のWEBブラウザとなりますので、インターネットに接続されたPCが1台あればシステムを利用することが出来ます。

そのためサーバなど新たなインフラ設備をせずに済みますので、低コストにより教務システム導入が実現できます。
また、ユーザインターフェースは簡単な画面構成となっており、PC操作が不慣れな方でも素早く運用が開始出来るようになっています。

Jimmiは、弊社の教務システムの業務ノウハウを存分に詰め込まれた最先端のシステムですので、まさに痒いところに手が届く、使って便利な教務システムとなっています。

https://variantsoft.co.jp/campusmagic/jimmi.php

留学生 日本語学校 外国語学校向け教務システム リリース予告

弊社は留学生を対象とした日本語学校(専門学校)様、日本人を対象とした外国語学校(専門学校)様向けに開発した専用の教務システムを平成30年4月1日にリリースいたします。 このシステムは完全なクラウド環境で運用できるシステムとなっていますので、一般的な学務システム導入時に必要なサーバ等の初期投資が発生いたしません。 これにより新規にシステムをご検討の学校様やシステムの更新をお考えの学校様にとってシステム導入にかかる費用を大幅に抑えられることができます。 このシステムはブラウザ(Edge,IE,Chrome,Safari,FireFox)が起動できる環境でしたらPC等機器(端末)のOSはWindows、MacOS、iOS、Androidを問いません。 このシステムを導入することにより、入国管理局への「在留資格認定証明書交付申請書」の作成から「出欠登録」「成績登録」「各種証明書」等の煩雑な教務事務を正確に、迅速にかつ効率的に執り行うことが可能になります。

詳細な機能ならびに月額使用料等は、リリース時に公表予定でございます。

また、リリース前の事前問い合わせも受け付けを開始します。 弊社HPの「お問い合わせ」からご連絡ください。

https://variantsoft.co.jp/campusmagic/jimmi.php

http://www.variantsoft.co.jp/campusmagic/company.php#contact_box (問い合わせページ)

 

WORDで表の中に図形を挿入すると表の中の文字が上にずれる現象

標準の設定でWORDは何故に思うように動作しないんだろうか?  もうWORD嫌いって方が実に多いですよね。 私もその一人です。 そこで前回のエクセルのTipsに続き、今回はWORDです。

Microsft WORDで表セル内の文字の上に図形オートシェイプを重ねるようにマウスのドラッグ操作で書き込むと文字が上にずれてしまい文字と図形がきれいに重なりません。 重なるように図形をマウスで動かすんだけれども、ちょうど良いと思うところに動いてくれません。(イライラです)

男女を◯で選択する時など、表形式の文書でよくあるパターンです。

以下の方法でこの現象を解消できます。

1)表の外に図形を挿入します。
2)作成した図形を選択して右クリックします。
3)ポップアップメニューから「オートシェイプの書式設定」を選択します。
4)「色と線」タブを選択します。
5)塗りつぶしの色は「色なし」を選択します。
6)「レイアウト」タブを選択します。
7)折り返しの種類と配置で「前面」を選択します。
8)「詳細設定」ボタンをクリックします。
9)「位置」タブの「アンカーを段落に固定する」にチェックマークを入れてオンにします。
10)「OK」ボタンをクリックして「レイアウト」ダイアログを閉じます。
11)「OK」ボタンをクリックして「オートシェイプの書式設定」ダイアログを閉じます。
12)作成した図形を表内の希望の位置へドラッグして移動させます

PS. ちなみに以上のことを「オートシェイプの規定値に設定」出来ないのが悔しいです。

 

ユーザインターフェースの大切さ

『インターフェースの大切さ』というお話です。

先日の出来事ですが、80歳代であろうおばあちゃんが、ATMの操作で中々先に進められない。

街の中にあるATMコーナーだから後ろには長蛇の列。

後ろへは『金額をお確かめください』というメッセージが聞こえてくる。

何度入力しても同じメッセージが帰ってきて、何度か操作の回数を超えると『最初から操作をしてください。』のメッセージとなり、操作のやり直し。

何度も何度も延々と操作している。並んでる人を見たら、おばあちゃんだから仕方ないという顔もあれば『何やってんだ』という顔も見える。

振り込め詐欺なのかという心配もあり、思い切って近くによって『どうしましたか?大丈夫ですか?何かお手伝いすることはありますか?』と尋ねても、『自分でやらないと次来た時にできないと困るから結構です。』との返事。

悪いとは思いつつ、打たれた金額を見たら千円未満の数字を入力している。

最近では銀行内にあるATMは硬貨も引き出すことはできるのだが、街中にあるATMは概ねお札しか引き出せない。

これは明らかにメッセージが親切ではない。老若男女が使うATMなのに自身の操作の何が間違っているかが分からないメッセージが原因なのだ。

『おばあちゃん、ここはお札しか引き出せないですよ。100円玉とか硬貨は引き出せませんよ』と教えてあげた。

弊社のSEが設計したシステムならば、この場面では1000円未満の金額は入力できない画面仕様にするであろう。 たとえば ,000円 が最初から表示されていればどうだろうか。

さらにその上には『このATMでは1,000円未満の金額は引き出すことはできません。』と表示させればどうだろうか。

入力内容に対してエラーメッセージ表示させるというプログラマー的な発想より、操作するものがいかに簡単に操作方法が分かり間違えを最初から入力させないインターフェース。

操作者に寄り添ったインターフェースがシステムの完成度が高く長く使えるシステムなのである。

コンピュータシステムを守る

巷を賑やかしているランサムウェア「WannaCry」。

防御のためには、一般的に以下の作業を薦められています。

1.Windowsを最新の状態にする。

2.ウイルス対策ソフトのウィルス定義データベースを最新にする。

3.知らない相手のメールは開かないし、添付ファイルは絶対に開かない。

ここまでしたから絶対安全だと確信している方がほとんどではないでしょうか。

しかしながら、絶対はないのです。

日本人の性格は、安全のために何をするかを一生懸命考えます。

でも何かが起きたときのための準備をどうするかを考えるのは苦手なようです。

自分だけは何も起きない。起きてほしくない。起きないでしょう。起きるわけない。

ほとんどの方がそう考えます。

しかしながら、そのときは突然思いがけない方向から訪れるかもしれないのです。

ウイルスの感染からデータを守る時に一番先に考えないといけないことは、

OS・プログラム・データのバックアップを

ネットワークから切断された媒体に保存することなのです。

そしてそれを、できるだけ遠隔地に保存することなのです。