Windows10の機能について

パソコンのOSが『Windows 7』から『Windows 10』に代わって行くことによって、
各部署やご家庭のパソコンも『Windows 10』をご使用されている方が増えて来ている
と思います。

その中で少し便利な機能を記載します。

例えば、『Windows 7』だと「コントロールパネル」のウィンドウを開く際には
スタート → コントロールパネルと簡単に開くことが可能でしたが、
『Windows 10』はコントロールパネルがどこにあるか分からなくて、
色々な所を探し、時間をロスするということがあるようです。

そういう場合は、タスクバーにある「WebとWindowsを検索」を使用すると便利です。
コントロールパネルのウィンドウを開く場合は、ここに「CONT」と入力すると
すぐにコントロールパネルが見付かり、開くことが可能です。

他にもメモ帳であれば「MEMO」、計算機であれば「CALC」と入力すれば、
色々な所を探さなくてもすぐに見付かります。

『Windows 10』は『Windows 7』に比べて、視覚的に使いづらくなったという
お話を聞くことがありますが、操作的に機能がアップし、便利になった点も
多々ございますので、少しずつ活用して行くようにすれば、仕事や作業等の
効率化を図れるかと思います。

日本語学校様向けクラウド教務システム jimmi 新機能

日本語学校様向けクラウド教務システム jimmi に「中長期在留者の受入れに関する届出」出力機能が追加されました。

もちろん届出事由「受入れ開始」「受入れ終了」「5月1日における受入れ状況」「11月1日における受入れ状況」による対象者抽出、対象者人数による様式切替にも対応しています。

jimmiでは法務省指定様式書類への対応はもちろん、入管ごとの特定様式にも順次対応しています。

オンラインでのデモも対応いたしますので、日本語学校様向けシステムをお探しの場合は是非一度お問い合わせください。

PCやソフトが正常に動作しない

パソコンが正常に動かない

ソフトの動きがおかしい

このようなお問い合わせが度々あります。

原因のひとつとして1台のパソコンに複数のセキュリティ対策ソフトが

インストールされている場合があります。

複数のセキュリティ対策ソフトがインストールされていると機能の競合が起き

上記のトラブルが発生することがあります。

自分では、ソフトを一つのみしかインストールしてないつもりでも

購入したパソコンにソフトがプレインストールされていることもあります。

※ 設定の「アプリと機能」からインストールされているソフトが確認ができます。

不要なセキュリティ対策ソフトをアンインストールすると問題が解消されることがあります。

Windows10のノートパソコンで、カバーを開いたときに自動的に電源が入る現象

Windows10のノートパソコンで、カバーを開いたときに自動的に電源が入るのは、Windows10の新機能ですが、無条件にバッテリーの電源が減ってしまい実に煩わしいし、デフォルトでonにしないで欲しい機能ですね。

これは、設定でOffにすることができます。

設定手順

1.コントロールパネルを開く

2.電源オプション(電源ボタンの動作の変更)をクリック

3.「現在利用可能でない設定を変更します」をクリック

4.高速スタートアップを有効にする(推奨)のマークを外す

ファイル比較ツール WinMarge

ファイルを比較して相違点が知りたい・・という事があるかと思います。

そんな時に便利なのが「WinMarge」です。

https://winmerge.org/?lang=ja

プラグインを使用すればExcelファイルの比較もできます。

まだ使用した事がありませんが、最新バージョンは3ファイルの比較が可能なようです。

印刷が2ページになってしまう -Excel-

印刷範囲にも収まっているのに、なぜか白紙の2ページ目が出てきてしまうとき。

「ホーム」→「検索と選択」→「条件を選択してジャンプ」から
最後のセルなどを選ぶと、白紙であるはずの2ページ目に最後のセルがあったりします。
これらが原因で印刷が2ページになってしまいます。

もし、最後のセルが2ページ目にあった場合は
1ページ目の印刷範囲内に最後のセルが収まるまで
行と列を削除していってください。

ショートカットキー
Ctrl+Gでジャンプ → Alt+Sで条件選択へ

最後のセルを検索したい場合は、Ctrl+End

 

Windows 8 以降の IME カタカナ設定について

Windows 8 以降では Windows Form アプリケーションで、コントロールの IMEModeに「Katakana」や「KatakanaHalf」を設定しても、カタカナになってくれません。

原因
Windows 8 以降、IMEModeの切り替えは、ユーザー単位で切り替わるようになった

そのためアプリから IMEMode制御が出来ないようになってしまった
(IME をON にした場合、常にひらがなモードになる)
※ Windows 7までは、アプリ単位で切り替えられたため制御が可能だった

方法
スタートメニューからキーボードの詳細設定画面を立ち上げ
項目名「入力方式の切り替え」にある「アプリウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」に
チェックを付ける。

ただしこの方法だとアプリをインストールする端末すべてに設定が必要で
とても手間がかかります。
現状他に方法がないようなので今後の動向から目が離せません。

Windowsのショートカットキー

Windowsで使用できる便利なショートカットキーをいくつかご紹介したいと思います。

1.Ctrl + Z : 操作を元に戻す

2.Ctrl + Y : 元に戻した操作をやり直す

3.Ctrl + A : すべての項目を選択する

4.Ctrl + C : 選択した項目をコピーする

5.Ctrl + X : 選択した項目を切り取る

6.Ctrl + V : 切り取り、コピーした項目を貼り付ける

7.Ctrl + N : 新規ウィンドウを開く/ファイルを作成する

8.Ctrl + S : ファイルを保存する

9.Ctrl + F : ファイルやフォルダーを検索する ※Webブラウザ内で文字を検索することも出来ます。

10.Alt + Tab : アプリやウィンドウを切り替える

これらのショートカットキーを覚えておくと作業が捗るかもしれません。ぜひ普段使用していない方はこの機会に使用してみてください。