詐欺メールは画像を見るだけでも厄介なことになりますよ。

友人がFaceBookで記事にしていた内容をシェアします。( S.Sさんありがとう。)

本文の文言はオリジナルのappleからのメールをそのまま使っているので、文章が怪しい日本語ではないので一見普通ですが、本文中のURLにマウスカーソルを重ねると、リンク先がapple.comではありません。また、apple.comのサーバーから送られていないので、Message IDという各メール個々に付けられる一意な文字列が全然違うドメイン(bestgroup.jp)になっています。
パソコンでメールのヘッダーまで見られる場合は、Receivedヘッダー、DKIM-Signature、Return-pathなんかも判断基準になります。この例は正しいメールのもので、昨日届いた詐欺メールにはDKIM-Signatureは無く、Receivedヘッダーには、bestgroup.jpのサーバーから送られたものだということが記録されていました。
あと、結構見落とされがちなのは、本文中に埋め込まれた画像を表示するしないですかね。画像って、メールに添付されてくるものと、インターネット上にあるものを埋め込んで表示するパターンがありますけど、本文中のURLをクリックしなければ画像を表示するくらいは無害だろうと思うのも危険ですよ。本文に埋め込まれた画像はWebビーコンといって、画像のURLに「誰に送ったメールを経由して開かれたか」がわかる細工がしてあります。つまり、サーバー側でログを見ると誰がメールを開いたかがわかってしまうので、騙せる可能性がある宛先としてキープされて、今後もことあるごとに色んな詐欺メールが届くことにつながります。Webビーコンは1ドットだけの画像の場合も多くて、目に見えるとは限らないので、メール本文の画像は表示しないに越したことはありません。

エクセルマクロ(すべてのシートに対しての作業)

以下のサンプルのようにすべてのシートに対して作業を繰り返すことができます。 これにより、手動でシートを追加されても、マクロは追加されたシートも含めて処理を行えます。

Sub ChangeCelColorMain()

Dim Sht As Worksheet

”表示更新をOFF
Application.ScreenUpdating = False

”全シートを対象として処理する
For Each Sht In Worksheets
Sht.Select
if SampleMethod(Sht.Name) = false then
Exit for
end if
Next Sht

”表示更新をON
Application.ScreenUpdating = True

End Sub

Private Function SampleMethod(SheetName As String) As Boolean

この中でシート名を指定して作業できます。

End Sub

 

MDBの簡易編集

弊社では、AccessのMDBを使用しているシステムがあります。

このシステムをメンテナンスするために、PCにAccessをインストールをしていました。

Accessも安くはありません。何か他に変わるソフトが無いのか探していたところに

同僚から

『MDB簡易編集』

というソフトを教えていただきました。

フリーソフトでインストールが不要で、MDBの作成や編集をすることができます。

今では、このソフトのみでシステムのメンテナンスができます。

一度、お試ししては、どうでしょうか。

PostgreSQLでのUNION ALLについて

例) SELECT NULL UNION ALL SELECT NULL UNION ALL SELECT 1;

Oracleであれば[NULL] [NULL] [1]といった結果が得られます。(ただしFROM DUALが必要)

しかしPostgreSQLではこれを

(SELECT NULL UNION ALL SELECT NULL) UNION ALL SELECT 1;

と認識するため括弧内を文字型にキャストした後数値型と結合しようとしてエラーになります

ただし下記のような場合だと文字型にキャストするだけなのでエラーは発生しません

SELECT NULL UNION ALL SELECT 1;

大学入学共通テスト

2020年度から現行のセンター試験に代わって実施される大学入学共通テストついて

大学入試センターから「大学入試英語成績提供システム」の概要が発表されました。

https://www.dnc.ac.jp/news/20190107-01.html

1.受験生と大学入試センター間 →「英語成績データ確認システム」(仮称、新規構築

試験実施主体と大学入試センター間 →「成績受理システム」(仮称、新規構築)

3.大学と大学入試センター間 →「成績提供システム」(既存システムの改修)

大きく、以上の3つの機能で構成されるとの事です。

また、受験生に割り振られる共通IDの申し込みが2019年11月から開始予定でそれに伴う

ヘルプデスクが夏頃、開設される様です。

 

弊社製品のCampusMagicも3の成績提供システム改修に合わせての対応が必要となってきますので

今後の動向が気になりますね。

Windows10の動作が遅いと感じたときにやるべきこと

必要のないサービスは停止すれば、驚異的に動作速度が向上します。

“SuperFetch” サービス

“Windows Search” サービス

この二つのサービスはCPUとHDDアクセスを沢山消費します。電気も消費します。

サービスの停止方法はネットをググってもらえれば簡単に探すことができます。

Windows10が遅いと感じた方はぜひお試しください。

アプリもOneDrive、Backup and Sync from Googleも ネット上のファイルバックアップソフトなんで必要なければアンインストールした方がよいでしょう。仕事で使うPCには必要のないアプリです。

日本語学校様向け クラウド教務システム(Jimmi) 機能追加のお知らせ

新様式への変更に伴い以下の機能を変更しました。

1.在留資格認定証明書交付申請書の新様式への変更

2.在留期間更新許可申請書の新様式への変更

3.申請者一覧の新様式対応

4.応募者登録チェックリストの新様式対応

5.在留資格認定証明書受理台帳の新様式対応

6.「応募者」登録画面 (新様式で必要となる「卒業予定日」入力欄を追加)

7.「 紹介者」登録画面 (「本国政府による登録番号」欄を追加)

8.「国」登録画面 (「要追加書類」チェックの名称を「入管指定7か国」に変更)

http://www.variantsoft.co.jp/campusmagic/jimmi.php

弊社は「子育て応援宣言」しています。

育児・介護休業法、次世代育成支援対策推進法など子育てを支援する法律や制度の整備が進む一方で、働く女性の7割が未だに出産、育児を機に退職している現状があります。
育児休業などの規定はあっても実際に使われなければ意味がありません。
弊社は、身につけた職業経験を中断することなく、子育てをしながら働き続けることができる社会の実現を目指して従業員の仕事と子育てを応援するために以下を宣言しています。

○育児休業が取得しやすい環境づくりに取り組みます。
○円滑な職場復帰に向けたサポートを実施します。
○男性の育児参加を促進する環境づくりに取り組みます。
○出産・育児で一旦退職した社員を優先的に再雇用します。
○育児中の社員については、一定の条件の下で自宅勤務を認めます。

福岡県「子育て応援宣言」掲載ページ

https://k-sengen.pref.fukuoka.lg.jp/kigyo-pr?com=4661

日本語学校クラウド教務システム(Jimmi) よくあるご質問

Q1.クラウドシステムですか

Microsoft Azure を使用したクラウドシステムです。 PCにソフトウエアをインストールする必要はございません。

Q2.対応ブラウザについて

Internet Explorer (最新版)

Microsoft Edge (最新版)

Mozilla Firefox (最新版)

Google Chrome (最新版)

Mac Safari (最新版)

なおInternet Explorer 11は動作確認済みですが、動作速度の問題から推奨しておりません。

Q3.セキュリティは確保されていますか

SSL通信(HTTPS)によりPCとクラウドサービスとの通信は暗号化されています。

Q4.バグ等のトラブル発生時のサポートについて

Microsoft Azure が起因する問題以外のバグ等のトラブル発生時は、弊社がMicrosoft Azure内のプログラムの修正をいたします。

Q5.試用期間はありますか

現時点では試用期間のご用意はしておりません。

Skype(スカイプ)を使用しインターネットを介したオンラインデモを実施する事は可能です。

ご遠慮なくお申し付けください。

Q6.帳票をエクセルに保存できますか

システムで印刷するすべての帳票はエクセルファイルに保存できます。

また殆どの画面の内容をExcelファイルに出力が可能です。

応募者情報等、1名毎に入力するデータについては別途Excelファイルでの一覧形式出力機能がございます。

Q7.在留資格申請書の様式が変更された場合は有償対応ですか

無償で対応します。

Q8.製品のサポート体制について

メールによるサポートのみです。

マニュアルはお申し込み後にPDFファイルでお渡ししています。

電話サポートをご要望の場合は別途サポート費用が発生いたします。

(内容をご相談の上、別途お見積もりとなります。)

https://variantsoft.co.jp/campusmagic/jimmi.php

夏期休業のお知らせ

平成30年8月6日

お客様各位

バリアントソフト株式会社

拝啓 盛夏の候、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、弊社では下記期間を夏期休業日とさせていただいております。
休業期間中は、何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが何卒ご理解とご了承いただきますようお願い申し上げます。

敬具

【夏期休業期間】

平成30年8月13日(月)~平成29年8月15日(水)

※8月16日(木)からは通常どおり営業いたします。