株式会社理経ホームページリニューアル

弊社製品の CampusMagic が掲載されています。

教務システム CampusMagic(キャンパスマジック)
本システムは導入時のコストパフォーマンスに優れるとともに、導入後の運用コストも非常に低く抑えることが可能です。
データは2次利用するために最大限の工夫が施されていますので、せっかく入力したデータが無駄にならないような仕組みも兼ね備えています。

バリアントソフト株式会社

ClosedXMLでExcelファイルに画像を埋め込む

Excelファイルの出力でClosedXMLを使うことがありましたが、どうも公式のものは画像埋め込みをサポートしていない模様。

「ClosedXML 画像」で検索すると上位に表示されるページC#でExcelに画像データを埋め込む を参考にさせていただきClosedXMLImageSupportを入手しましたが、本家の最新版と開きがあるようなので、ClosedXMLImageSupportから画像埋め込み関係のコードを本家最新版に取り込みます。

ClosedXMLImageSupportのソリューション内にあるClosedXML_Sandboxが動けば良しとして、ざくっと追加、追記します。

  • ClosedXML\Excel\Drawings\
    • 追加:IXLMarker.cs
    • 追加:IXLPicture.cs
    • 追加:XLMarker.cs
    • 追加:XLPicture.cs
  • ClosedXML\Excel\
    • IXLWorksheet.cs
      • 追加:System.Collections.Generic.List Pictures();
      • 追加:void AddPicture(Drawings.IXLPicture pic);
    • XLWorkbook_Save.cs
      • 追加:using A = DocumentFormat.OpenXml.Drawing;
      • 追加:using Xdr = DocumentFormat.OpenXml.Drawing.Spreadsheet;
      • 追加:private static void AddPictureAnchor(WorksheetPart worksheetPart, Drawings.IXLPicture picture)
      • 内部処理追加:private static void GenerateWorksheetPartContent(WorksheetPart worksheetPart, XLWorksheet xlWorksheet, SaveContext context)
    • XLWorksheet.cs
      • 追加:private List pictures
      • 追加:public List Pictures()
      • 追加:public void AddPicture(Drawings.IXLPicture pic)

これでSandboxを実行するとExcelファイルが出力されて画像も埋め込まれています。
が、しかし。

他サイトの記事にもあるように画像の縦横比を無視してセルにフィットしてしまいます。

ClosedXMLImageSupportから取り込んだXLPictureは、AddMarker()でXLMarkerを追加して、一つ目がfrom、二つ目がtoとしてセルの範囲を指定するようになっています。このtoにあたるMarkerのセル位置とオフセットを上手いこと指定してあげれば画像の縦横比を維持して画像を埋め込むことができるようです。

しかし画像はfromで指定したセルの左上から、toで指定したセルの左上までは拡張されてしまうため、画像が収まる縦横セル数を求めた上でオフセットを指定する必要があります。十分大きな範囲を指定してからどうにかする、という手は使えません。

画像のサイズはピクセルですが、Excelのセル高さ(行高さ)はポイント、セル幅(カラム幅)は標準フォントの数字が何文字表示できるか。なので換算が必要になります。

ポイントからピクセルは簡単ですがカラム幅からピクセルはかなり面倒です。

  1. そのExcelブックの標準フォントとサイズを調べ
  2. TextRenderer.MeasureText()にTextFormatFlags.NoPaddingを指定し、0~9について描画時の最大フォント幅を求め
  3. フォント幅からセルのパディングをもとめ
    (パディング = 切り上げ(フォント幅  / 4) * 2 + 1。*2は両サイドにパディングが入るため。+1はグリッドライン分)
  4. カラムのピクセル幅 = カラム幅 * フォント幅 + パディング

となるようです。
このあたりは
ttps://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-US/9a6a9785-66ad-4b6b-bb9f-74429381bd72/margin-padding-in-cell-excel?forum=os_binaryfile

関連ドキュメント : MS-OI29500 の 2.1.595 Part 1 Section 18.3.1.13, col (Column Width & Formatting) f. を参考にしました。

これをカラム毎に計算しながら、fromで指定されたセルから画像が上手く収まるカラム数を求めるのは正直辛いです。

ということでClosedXMLImageSupportから取り込んだXLWorkbook_Save.csのAddPictureAnchor()を弄ることでtoを指定せずに縦横比を維持して画像を埋め込むことができるようにしてみました。
 
まず、XLPictureのフィールドとしてあって使われていないNoChangeAspect, NoMove, NoResizeをIXLPictureでプロパティとして定義しておきます。XLPicture側ももちろん変更。

その上で、XLWorkbook_Save.csに取り込んだAddPictureAnchor()

private static void AddPictureAnchor(WorksheetPart worksheetPart, Drawings.IXLPicture picture)
{
    /* 省略 */
    var markers = picture.GetMarkers();
    Xdr.TwoCellAnchor twoCellAnchor;
    Xdr.FromMarker fMark;
    Xdr.ToMarker tMark;
    if (markers.Count == 2)
    {
    fMark = new Xdr.FromMarker
    {
        ColumnId = new Xdr.ColumnId(markers[0].ColumnId.ToString()),
        RowId = new Xdr.RowId(markers[0].RowId.ToString()),
        ColumnOffset = new Xdr.ColumnOffset((markers[0].ColumnOffset + picture.PaddingX).ToString()),
        RowOffset = new Xdr.RowOffset((markers[0].RowOffset + picture.PaddingY).ToString())
    };
    tMark = new Xdr.ToMarker
    {
        ColumnId = new Xdr.ColumnId(markers[1].ColumnId.ToString()),
        RowId = new Xdr.RowId(markers[1].RowId.ToString()),
        ColumnOffset = new Xdr.ColumnOffset((markers[1].ColumnOffset + picture.PaddingX).ToString()),
        RowOffset = new Xdr.RowOffset((markers[1].RowOffset + picture.PaddingY).ToString())
    };
    }
    else
    {
    fMark = new Xdr.FromMarker
    {
        ColumnId = new Xdr.ColumnId(markers[0].ColumnId.ToString()),
        RowId = new Xdr.RowId(markers[0].RowId.ToString()),
        ColumnOffset = new Xdr.ColumnOffset((markers[0].ColumnOffset + picture.PaddingX).ToString()),
        RowOffset = new Xdr.RowOffset((markers[0].RowOffset + picture.PaddingY).ToString())
    };
    tMark = new Xdr.ToMarker
    {
        ColumnId = new Xdr.ColumnId(markers[0].ColumnId.ToString()),
        RowId = new Xdr.RowId(markers[0].RowId.ToString()),
        ColumnOffset = new Xdr.ColumnOffset((markers[0].ColumnOffset + extentsCx + picture.PaddingX).ToString()),
        RowOffset = new Xdr.RowOffset((markers[0].RowOffset + extentsCy + picture.PaddingY).ToString())
    };
    }
    twoCellAnchor = new Xdr.TwoCellAnchor(
    fMark, tMark,
        new Xdr.Picture(
            new Xdr.NonVisualPictureProperties(
                new Xdr.NonVisualDrawingProperties { Id = nvpId, Name = picture.Name },
                new Xdr.NonVisualPictureDrawingProperties(new A.PictureLocks { NoChangeAspect = true, NoMove = true, NoResize = true })
            ),
            new Xdr.BlipFill(
                new A.Blip { Embed = drawingsPart.GetIdOfPart(imagePart), CompressionState = A.BlipCompressionValues.Print },
                new A.Stretch(new A.FillRectangle())
            ),
            new Xdr.ShapeProperties(
                new A.Transform2D(
                    new A.Offset { X = 0, Y = 0 },
                    new A.Extents { Cx = extentsCx, Cy = extentsCy }
                ),
                new A.PresetGeometry { Preset = A.ShapeTypeValues.Rectangle }
            )
        ),
        new Xdr.ClientData()
    );

    worksheetDrawing.Append(twoCellAnchor);
}

これを↓こんな感じで。

private static void AddPictureAnchor(WorksheetPart worksheetPart, Drawings.IXLPicture picture)
{
    /* 省略 */
    var xdrPicture = new Xdr.Picture(
                new Xdr.NonVisualPictureProperties(
                    new Xdr.NonVisualDrawingProperties { Id = nvpId, Name = picture.Name },
                    // ここでIXLPictureに追加したプロパティを使用。
                    new Xdr.NonVisualPictureDrawingProperties(new A.PictureLocks { NoChangeAspect = picture.NoChangeAspect, NoMove = picture.NoMove, NoResize = picture.NoResize })
                ),
                new Xdr.BlipFill(
                    new A.Blip { Embed = drawingsPart.GetIdOfPart(imagePart), CompressionState = A.BlipCompressionValues.Print },
                    new A.Stretch(new A.FillRectangle())
                ),
                new Xdr.ShapeProperties(
                    new A.Transform2D(
                        new A.Offset { X = 0, Y = 0 },
                        new A.Extents { Cx = extentsCx, Cy = extentsCy }
                    ),
                    new A.PresetGeometry { Preset = A.ShapeTypeValues.Rectangle }
                )
            );

    var markers = picture.GetMarkers();

    var fMark = new Xdr.FromMarker
    {
        ColumnId = new Xdr.ColumnId(markers[0].ColumnId.ToString()),
        RowId = new Xdr.RowId(markers[0].RowId.ToString()),
        ColumnOffset = new Xdr.ColumnOffset((markers[0].ColumnOffset + picture.PaddingX).ToString()),
        RowOffset = new Xdr.RowOffset((markers[0].RowOffset + picture.PaddingY).ToString())
    };

    if (markers.Count == 2)
    {
        var tMark = new Xdr.ToMarker
        {
            ColumnId = new Xdr.ColumnId(markers[1].ColumnId.ToString()),
            RowId = new Xdr.RowId(markers[1].RowId.ToString()),
            ColumnOffset = new Xdr.ColumnOffset((markers[1].ColumnOffset + picture.PaddingX).ToString()),
            RowOffset = new Xdr.RowOffset((markers[1].RowOffset + picture.PaddingY).ToString())
        };

        var twoCellAnchor = new Xdr.TwoCellAnchor(fMark, tMark, xdrPicture, new Xdr.ClientData());

        worksheetDrawing.Append(twoCellAnchor);
    }
    else
    {
        var ext = new Xdr.Extent { Cx = extentsCx, Cy = extentsCy };
        var oneCellAnchor = new Xdr.OneCellAnchor(fMark, ext, xdrPicture, new Xdr.ClientData());

        worksheetDrawing.Append(oneCellAnchor);
    }
}

元のコードはMarker一つの場合にfromをtoとしても使い、常にTwoCellAnchorを使っていますが、これをOneCellAnchorを使うよう変更しています。あとnew PictureLocks()の箇所ですね。
これでExcelで普通に画像を挿入した場合と同じように埋め込まれるようになりました。

using (FileStream strm = new FileStream(@"sample.png", FileMode.Open))
{
    XLPicture pic = new XLPicture { ImageStream = strm, Name = "test image" };
    pic.AddMarker(new XLMarker { ColumnId = 2, RowId = 3 });
    worksheet.AddPicture(pic);
}

ついでにXLPictureのResize()も少し手を加えると拡大縮小して埋め込めるようになります。

IXLPictureのプロパティにしたNoMoveをtrueにすると埋め込んだ画像が移動できなくなります。NoResizeをtureにするとサイズが変更できなくなります。

XLPictureのPddingX, PddingY(またはEMUOffsetX, EMUOffsetY)にピクセル単位で値を指定するとXLMarkerで指定したセルからのオフセットとして画像が埋め込まれます。XLMarkerのColumnOffset、RowOffsetでもオフセットによる位置指定ができますが、こちらはEMUで指定する必要があるので面倒です。

EEMUOffsetX, EMUOffsetYは設定した値がPaddingX、PaddingYから取得される際にConvertToEmu()を通るので、「設定したピクセル値がEMUに変換されるオフセット」のようです。EMUのつもりで設定するとおかしなことになります。

マルウェア感染

セキュリティ企業Check Point Software Technologiesが、大手2社の販売チェーンから購入したAndroidスマートフォンの36台が、販売時点で既にマルウェアに感染済みだったことを明らかにしたそうです。

日本では目にする機会が少ないメーカーが多いそうですが、なかにはSamsungのGalaxy NoteシリーズやGalaxy Sシリーズ、AsusのZenFone2 など日本国内でも人気モデルが含まれているようです。

どんなに使用者が注意を払っていても購入する時点で感染済みだったらどうしようもないですね。セキュリティ対策ソフト等を使用して出来る限りの安全は確認したいです。

フィッシング詐欺

今日、「Google Play」をかたったフィッシングSMSが出回っているとしてフィッシング対策協議会が注意を呼びかけたそうです。

SMSでURLをクリックすると入力ページが表示されるとのこと。

私も「Google Play」を使用しているので、間違ってURLを触らないようにしたいです。有名企業の名前を使用してのフィッシング詐欺はよく聞くのでURLを見るなり、そもそも触らないなどの対策をして、余計なトラブルに首を突っ込まないようにしましょう。

 

ドローンタクシー

今夏にドバイが一人乗りの「ドローンタクシー」を導入する計画を発表したそうですよ。

一回の充電で約30分飛行が可能で、飛行範囲は50キロほど。速度は時速160キロまで出すことが可能で、通常は100キロ程度で運行するとの話です。

今夏と結構近い話で、とても便利そうですが導入当初は乗るのが少し怖いですね。無人飛行に抵抗が無い人がどのくらい乗りにいくか気になります。

梅干しダイエット

テレビがで梅干しを温めて食べるとダイエットになると言っていたので

早速、お昼のお弁当をレンジで温めて食べることにしました。

まだ1週間なので、効果はよくわからないのですが、温かいお弁当が

意外にも美味しいのでしばらく続けてみたいと思います。

テレビでは、3食とも温めた梅干しを食べてました。

お昼だけでは、ダイエット効果が薄いかも・・(^^;

高校入試

今日は福岡県の県立市立高等学校の一般入試が行われました。

みぞれが降って、とても3月とは思えない寒さです。

受験生は今まで頑張ってきた実力を全て出し切って欲しいものです。

そして、良い知らせが届くことを祈っています。

公園で梅の花がとても綺麗に咲いていました。

その中に1本だけ、鮮やかなピンクというより紫に近い色の花がありました。

淡い色のなかに1本だけ。美しさで心が癒されました。

さぁ、明日も頑張ろう!

 

今年の春は遅め

今年の春は太平洋東部熱帯域の海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」というものの影響で例年より遅く到来するとのことです。

最近温かい気温が続く気がしていたので春が近いと感じていたのですが残念です。

気温の変化が激しい時期なので体調を崩さないように気を付けようと思います。