50周年

LINEで送る
Pocket

情報処理関連の教科書等でもよく見られる「ムーアの法則」が今年で50年を迎えるそうです。

半導体の集積密度は1~2年で倍増するっていう法則です。

さすがにそろそろ限界ともいわれていますね、いつまで有効性が保たれていくのでしょうか?

ちなみに発表当時は1チップに約60の半導体だったそうですが現行のCore i5では

13億個だそうです(価格は1つ0.00000014ドル)、もうよく分からない数字ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です