明治時代の建造物を世界遺産登録する一方で古墳を破壊するという一貫性のなさ

LINEで送る
Pocket

東日本最古の古墳「高尾山遺跡」が取り壊されそうというニュース。
http://j-town.net/shizuoka/column/gotochicolumn/208387.html

地元の方々の、生活上の利便性もあるのでしょうが、壊したものは決して戻せず先の世代に残すことができなくなってしまうのですからよくよく検討していただきたいと思います。

国立競技場の件もそうですが、一度決定した計画は決して変更しないという姿勢はどうにかならないものでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です