生活習慣病を早期発見

LINEで送る
Pocket

富士通研究所が、息に含まれる成分を素早く測定できる呼気センサーデバイスの開発に成功したそうです。

呼気には生活習慣病に関わるガス成分がいくつかあり、その成分を区別して読み取れるみたいです。

このセンサーデバイスが実用化されることで病気の早期発見、検査の手間の短縮につながるそうです。

実用化は2018年を目指しているとのことなので、近いうちに恩恵にあやかることが出来るかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です