月別アーカイブ: 2014年3月

今週の金曜日は春分の日

最近暖かくなってきたと感じます、季節の移り変わりの中でも春の到来は毎年嬉しいですね。

それもそのはず、今週の金曜日は春分の日です。春分の日は「昼と夜の長さが同じになる」という話をよく聞きますが実際は昼の方が少し長いようです。Wikipediaで調べて初めて知りました。

しかし季節の変わり目は風邪などになりやすいです、気をつけましょう。

 

花粉症の季節になりました

今年もやってきました、花粉症です。

黄砂やPM2.5などの遠方からの来客もおりますが、何よりつらいのが近場の花粉ですね。

ヨーグルトを食べたりビタミン剤を飲んだりと対抗しているつもりですがなかなか治らないものです。

最近(?)では手術や注射で治す方法もあるらしいです、でもそこまでしたくないというジレンマ。みなさんはどのような対策をしていますか?教えて頂ければうれしいと思います。

ほとんどの公立高校で一般入試 (福岡県)

昨日、福岡県内のほとんどの公立高校で一般入試が行われました。

私も、あれからもう◯年も経つのかと改めて時の流れを感じています(笑)。

さらに、昨日は東日本大震災からちょうど3年。

一部では、震災の追悼サイレンも鳴り、多くの方にとって特別な日になりました。

私にはわずかばかりの募金しかできませんが、今後の震災復興も応援しております。

ペーパードライバー

昨年に自動車免許を取得したのですが、それ以来1度しか車に乗っていませんでした。

そこで昨日、友達が遠賀川の河川敷に連れて行ってくれ、久々に車を運転しました。

ある程度は運転できたのですが、細かい部分を忘れていたので今後も友達と練習していく予定です。

やっぱり乗らないとだめになりますね(笑)

早朝、圧力で目が覚めた時のこと

今朝、かすかに聞こえる「あー」という声と、
こちらを凝視しているらしき圧力で目が覚めました。
そっと目を開けると、うちの猫が枕元に佇み私を見下ろしています…。
否、枕元というより枕の上にいます。
私の頭が乗っていない部分に器用に座っています…。

私「…。」(猫から目をそらす私)
猫「…。」(さらに凝視してくる猫)

と無言の攻防戦(?)が数秒続き…
さっと掛布団を浮かす私。
さっとお布団の中に滑り込む猫。

冬の時期にたまーにある光景です(^o^)
寝ている私のそばで佇んでいる場合は
だいたいが「お布団に入れて」という要求なのですが
体が小さい子なので枕の余白部分でもしっかり乗れてしまい
至近距離で上から凝視されるのが若干怖いです(-_-;)

朝5時の光景でした(笑)

Web Essentials 2013

TypeScriptエディタとLESSエディタが便利! Web Essentials 2013 & TypeScript 1.0RC

Visual Studio 2013がリリースされてから早半年が経とうとしています。

VS2013では新コンパイラであるRoslyn(ロザリン)の搭載は見送られましたが、その分Web関連の機能が強化されました。LESSエディタや、TypeScriptエディタ、デバッグ時のブラウザの選択実行、OWINやSignalRなどなど、Web開発をラクにするためのツールが沢山追加されています。
しかし、これらの多くはVisual Studioの標準機能に含まれているわけではありません。アドインとして提供されているため、拡張機能マネージャ(もしくはNuGet)から別途自分でインストールする必要があります。

「VS2013でLESSがコンパイルできない」もしくは「VS2013でTypeScriptがコンパイルできない」と悩んでいる方は、Visual Studio 2013の上部のメニューから[ツール]->[拡張機能と更新プログラム]->[オンライン]->[右上の検索ボックス]と画面を遷移し、「Web Essentials 2013」と検索して出てきた拡張機能をインストールすると幸せになれます。もしくはこちらのリンクからインストールしても良いです。

私も今日はじめてWeb Essentials 2013をインストールしたのですが、LESSエディタが超便利でびっくりしました。右クリックでベンダプリフィックスを簡単に追加したり、クラスのネストを自動的に認識してくれたり、至れり尽くせりとはまさにこのことでしょう。
下はLESSエディタでLESSを編集しているところですが、なんとCtrl+Sで保存した直後にCSSもリアルタイムで生成されるのです。分かりやすすぎます…。
なお、TypScriptも同様にエディタがあり、保存すると自動的にJavaScriptが生成されます。

LESSエディタ

LESSエディタでLESSを編集しているところ。自動的にCSSが生成されます。

生成されたCSSファイルはLESSのツリーの下にくっつきます。CSSを意識せずにLESSを編集できますし、探すのも簡単で助かります。

LESSの下にCSSが生成されました。

LESSの下にCSSが生成されました。mapファイルも生成されてますね!

先日TypeScript 1.0RCがアナウンスされたので、おそらく2ヶ月以内にはTypeScript 1.0がお披露目されることでしょう。
TypeScript 0.9からGenericsもサポートされているようですし、普段お仕事で静的言語をメインに使われている方にとっては手に馴染むツールになりそうです。私も、Genericsがサポートされていることを知ってから、ワクワクしながらTypeScript 1.0のリリースを待っています。

TypeScriptはECMAScript 6の仕様であるclass, moduleなどが実装されており、JavaScriptとの互換性もそれなり考慮されているので安心して使えますね。言語的には割と洗練されていると思いましたが、多くの人にとって気になる点があるとすれば、開発元がMicrosoftということでしょうか?(笑)
一応オープンソースで開発されている言語なので、Microsoftが開発していると言って神経質になる必要もなさそうです。きっとAnders Hejlsbergがうまくやってくれるはずです。Microsoftの社内でも本気でTypeScriptをドッグフーディングしているようですし、好感が持てます。

たとえばVisual Studio Onlineには今、30万行あまりのTypeScriptコードがあり、Windows 8.1用のXbox Musicの新しい機能はすべて、この言語で書かれた。またBing Maps、Photos、Microsoft Dynamicsなどそのほかのアプリケーションも部分的にTypeScriptで書かれている。

MicrosoftのVisual StudioがTypeScriptを正式サポート

ということで、いよいよ本格的にWeb開発に乗り出し始めたMicrosoft。
今後の動向に注目ですね!

TypeScriptについて、少し前に私が見て良くまとまってるなーと感じたスライドも紹介しておきます。