仙台出張にて

LINEで送る
Pocket

今週初めから、仙台へ出張に。

出張が続いていたため、現地で着替えのシャツを買い足すつもりで、ついでにもし寒くて我慢できなければコートも買ってしまえと考えていました。が、着いてみると寒いのは寒いものの夜間ずっと外を歩き続けるわけでもなくコートは買わずに我慢できそうでした。

そして2日目の仕事が終わり、仙台駅の改札を抜けながら「さて名物の牛タンでも~」と内ポケットに手を入れると…

財布が無い。

「うそやろ~」

思わず声でましたね。

シャツとコートを買えるようにと多めに入れていた現金とクレジットカードが、新調した財布ごと居なくなっていました。
そんなに居心地が悪かったですか。

朝ホテルを出る際に、現金持ちすぎだから置いていこうか、でも部屋に金庫無いし、現金むき出しでフロントに預けるのもどうかと思うし、と考えているうちに時間がなくなってきまして。まぁ上着の内ポケットに入れてホックを留めて置けば大丈夫だろうと思ったのですが、全然駄目でした。

よく落とすんですよね、財布。先々週の出張では現金を挟んだ手帳を忘れましたし。

よく落とすので免許証やメインで使っていないクレジットカードなどは全て家に置いていたのですが、そんなに落とす人間が現金沢山入れておくなというハナシですね。

もう一日残した状態で現金が無くなってしまいどうしようかと思いましたが、幸い携帯のモバイルSuicaには別クレジットカードを使っていたので多めにチャージしまして、とりあえず牛タンを食べました。厚切り牛タン美味しかったです。電子マネー万歳。その後交番に遺失届をして、翌日はSuicaで乗り切りました。

そして空き時間にあちらこちら連絡してみましたが見つからず、失意の内に福岡に戻ったのですが、本日仙台警察から連絡がありまして、タクシーの運転手さんが届けて下さったとの事でした。有り難うございます。

これからは首から巾着さげようかと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です